薪ストーブ・暖炉は新世代へ進化してます四次元のぬくもり「バイオマス蓄熱暖房」


暖炉を薪ストーブを再発明 !!  X・Y・Z、そして時間(蓄熱)

飾りじゃない、やっと使える暖炉・薪ストーブが進化

薪ストーブ・暖炉は新世代へ進化しています。

 

冬場は毎日使えて、女性にも年配の方にも使いやすい暖炉・薪ストーブがやっと出来ました☆

 

黒い鉄板や鋳物で造られた従来型の薪ストーブ・・・

 

随分と昔から同じ容や姿から変化していなかった薪ストーブにイノベーションする時期が来ました。

 

ただ薪を燃やして暖を採るのでは薪の持つ熱エネルギーを有効に使い切ってはいません!!

 

バイオマス蓄熱暖房は最初は従来と同じ薪を燃やしますが、次の行程として二次燃焼を行いさらに蓄熱体に熱を蓄熱するという行程で大幅に薪を燃やす量を減らしています!!

 

その暖かさや温もりに、次元を超えた最新テクノロジーを是非ワークショップで、知って行って観て逢って確かめて下さい。

 

考えるより、先ずは体験を通じて学んで頂きたい。


燃焼効率83% 薪の持つ熱エネルギーの8割を暖房熱に変換

薪の持つ熱エネルギーを最大限に取り出す事・・・

 

実は物と言うのは簡単には燃えないのです。

 

物体の持つ熱エネルギーが大きい程に上手く熱に変えて、余す事無く燃焼させる技術と言うのは難しくなって来ます。

 

バイオマス蓄熱暖房は薪の持つ熱エネルギーを約83%以上を熱エネルギーに変えて世界最高レベルの燃焼効率を達成させた優れものなのです。

 

一般的な薪ストーブは煙突からの熱ロスが大きく実際に暖房の熱として使われるのは約40%から50%です!

 

バイオマス蓄熱暖房はこのロスを極力減らす事に成功 !!

 

一般の薪ストーブに比べ薪の使用量を半分以下にまで減らす事が出来るようになりました☆

 

そのプロセスは、一次燃焼から出る排気ガス(煙)を二次燃焼室でもう一度燃焼させて最後に蓄熱体と石のクラッディング・ボティ(石の筐体)で蓄熱させる行程を行なっています。

 

薪の持つエネルギーを最大限に熱エネルギーに変換させる事を実現しました。

 

薪が燃えている時間は約2時間程、しかし炎が消えた後も約6時間ほど蓄熱された本体から出る輻射熱で室内は暖かい!

 

近年の省エネ基準対応住宅であれば朝と夕方の二回ほど薪を燃やせば一日中暖かい・・・

 

寒い朝も余熱でほんのり暖かい☆  (住宅性能によっては24時間暖房を実現できます。)

 

電気やモーターなど耐久性の低い仕掛けは一切無い、ドア閉めはオートドアクローザー機構となっており、ドアが閉まった瞬間から機械式メカニカル機構がセットされ空気の調整などは自動となります。(面倒な空気の調整など不要)

  

そのクォリティを展示場及びワークショップでお確かめ下さい。

 

薪ストーブ・暖炉は使いやすい新世代のバイオマス蓄熱暖房へ進化しています。


冷え性改善!! バイオフォトン・遠赤外線・健康光線・生育光線

バイオフォトンである赤外線には種類があり短い波長の近赤外線と中域の波長の中赤外線に長い波長の遠赤外線とがありす。

 

波長の短いものほど近くにしか熱エネルギーを運ばないのですが、焚き火などすると炎の刺激が強く痛熱く感じる事があると思います、これが近赤外線です。

 

近年その効果など身近になって来たのがバイオフォトン遠赤外線です・・・

 

遠赤外線は長い波長を持っており、物を温めたりするのに適しています。

 

特に暖房には適しており、空気を直接温めずに直接物や人に熱を与え、瞬時に熱や暖かさに変えて理想的なのです。

 

体の芯からポカポカの状態などが冬の理想の暖かさです^^

 

遠赤外線は電波や光の一種です、バイオマス蓄熱暖房からたっぷり放射されたバイオフォトンである遠赤外線は秒速30万キロメートルと言う速度で貴方を瞬時に冷えから解消し温めます!!

 

目には見えないエネルギーは五次元の世界からやって来ます、目に見えるものよりも、見えない何かを大切に・・・

 

【 バイオフォトン(生育光線・健康光線・遠赤外線)の効果  】

 

微細血管の拡張促進・血液循環の促進・細胞の活性化・酵素の生成促進・代謝促進・疲労回復・反射神経改善・血行促進

重金属の体内からの排泄・防カビ・防臭・防菌・防湿効果・空気の浄化・他

 

冬の間しか体験できないバイオマス蓄熱暖房の温もりをワークショップで 知って、行って、観て、逢って、確かめて下さい。


                      
                      

 バイオマス蓄熱暖房による遠赤外線放射    従来型鋳物金属製薪ストーブ空気を温め対流


上から燃えるトップダウン燃焼

従来の薪ストーブとは概念も燃焼に対する考え方が全く違う・・・

 

薪を横に寝かせて燃やせば不完全燃焼を起こし、燃え残ります!!

 

バイオマス蓄熱暖房は薪を縦にセットし上から徐々に燃えて行くトップダウン燃焼方式です。

 

燃焼には色々な方式がありますが暖房に適した燃え方や燃焼方法は一定の燃焼状態がなるべく持続的に続く事が大切です。

 

上から徐々に燃えれば薪の燃える面積も一定の状態ですので安定した熱の取り出しが可能です。

 

従来タイプの薪ストーブのように薪を横に寝かせて燃やせば全体が燃えてしまい派手に燃え広がり熱の取り出しが非常に不安定でピーキーな特性です。

 

自動車のレースエンジンの特性と一般道路を走る自動車のエンジンの特性が違うように暖房には暖房に適した燃え方が必要です、この燃焼は緩慢燃焼と言う方式なのです。

 

そして、木の繊維は上に登る様に育っています、松明やトーチにロウソクのように上から火が着き炎のドレスを演出します。


暖家屋のバイオマス蓄熱暖房ユーザー様及びリノベーション住宅オーナー様向けの会員制ブログです。

ビジターの方にも詳しく知りたい事や得々マル秘情報の配信を行います^^、当方にも貴方が所在が分かる方向けのブログですので、ご了解できる方のみ配信パスワードを教えます。

ホームページ上部のご来店予約タブにあるメールフォームに必要事項を記入の上送信下さいね^^、パスワードを送信します。

会員登録お待ちしています☆

(*ビジター会員様は有料となります。料金など詳しくはメールでお問い合わせ下さい)



知って、行って、観て、逢って、確かめて・・・

2019年2月10日バイオマス蓄熱暖房ワークショップ開催

2019年2月10日は薪ストーブや暖炉をイノベーションした「バイオマス蓄熱暖房」ワークショップを開催します。

 

昨年から随分参会者さんも増えたバイオマス蓄熱暖房ワークショップ

 

本拠地の福岡県はもとより全国に、もっともっと炎の文化を広めて行きたいと思います。

 

アンコールに応へ前回定員オーバーで参加出来なかった方々ワークショップに参加しませんか、本格的な冬を迎えるこの時期、炎と揺らめきと石のもつ遠赤外線の暖かさを体感するにはちょうどいい頃です。

 

体験を通じて学ぶのがワークショップの意味です、頭であれこれ考えたって分かりません!!

 

リフォームやリノベーションに新築で暖房計画など考えている方々に、古い暖炉や旧世代の薪ストーブから随分と洗練された物に変化してきている事を体験を通じて学んで頂きたいものです^^

 

百聞は一見にしかず、論より証拠、従来型の薪ストーブの手間の掛かるイメージを払拭した新世代のバイオマス蓄熱暖房を知って行って観て逢って確かめて☆

 

今回も少人数での募集です、原則大人の方のみの参加者を募っております。

※(小さなお子様連れでのご参加希望の方はご相談下さい。)

 

参加費はコーヒー付きお一人様 ¥1,000

 

定員は6名様迄、応募が多い場合は抽選とさせて頂きます。

(会場規模が個人様宅の関係で1組2名様又は1組1名様を原則とさせて頂きます)

 

参加申し込み締切日 2019年1月31日迄

 

一戸建て住宅にお住まいの方が対象です。

※既に薪ストーブ、暖炉をお持ちの方はご遠慮下さい、買い替え検討中の方は参加可能。

 

ご不明の所がありましたら下記のメールフォームのメッセージにお願いします。

 

申し込みは参加者人数とお名前と連絡先名記の上で、下記の申し込みフォームにお願いします。

※(eメール環境の無い方はFAXにてお申し込み下さい。)

※連絡が付きにくい方や当日キャンセルしそうな真剣味のない方はご遠慮願います。

FAX : 0943-32-7062

 

    炎の文化を暮らしに「天と大自然と繋がっている暮らし」

 

開催日 2019年2月10日 日曜日

 

場所  福岡県宮若市のユーザー様宅にて開催(個人様宅の事情により秘匿の為、参加申し込みの方のみ会場の案内を行います。)

  

時間  午前9:30より〜11:30   ワークショップは体験を通じた勉強会です^^

 

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


動画

2015年の冬、40年ぶりの大寒波がここ九州に襲来!!

 

氷点下の日や大雪など滅多にない冬の備えに脆弱な九州の生活は大混乱でした。

 

粗末な暖房器具や家電製品のエアコンなどの空調ではこの寒さには歯が立たない!!

 

寒冷化しつつある地球環境に備え暮らしを守りましょう・・・


2018年9月20日福岡県宮若市でバイオマス蓄熱暖房設置工事完了

昨シーズンの冬に行った当店でのバイオマス蓄熱暖房ワークショップに参加頂いた福岡市内にお住まいのA様・・・

 

福岡県北部では初となるバイオマス蓄熱暖房のユーザーさんとして今年の冬を迎える事となりました^^

 

実家のある福岡県宮若市の家の建て替えに伴い、当初は鋳物製の従来タイプの薪ストーブを検討していたそうですが、当店で開催したワークショップでの新世代製品であるバイオマス蓄熱暖房を実際に体験頂き、近代化された使いやすい操作性や鋳物薪ストーブとは別次元の温もりを体験して頂き、納得の採用となりました^^

 

石やレンガ造りの暖炉の良さである大量の遠赤外線の温もり・・・

 

鋳物や鉄の薪ストーブとは全く別次元の温もりです・・・

 

当店のこだわりの温もりを「Quality of Life」的な暮らしや人生を目指すお客様にもっと知って頂きたい^^

 

福岡県北部では初めてとなるバイオマス蓄熱暖房「Eternity」

 

冬を迎える前に確りと準備は整いました。

 

2018年初冬、また新しい炎が福岡県宮若市に誕生しました☆


2017年11月17日福岡県大牟田市でバイオマス蓄熱暖房設置工事完了☆

福岡県大牟田市で行なっていた新世代の暖炉ストーブ・バイオマス蓄熱暖房「千代」の設置工事が遂に完成しました^^

 

2017年の春先から工事の前準備に掛かり、10月に本体到着と同時に工事を急ピッチで進め、先日遂に待望の完成と初火入れを行いました^^

 

約一年掛かりとなった計画と設置工事ですが、想像以上の素晴らしい出来上がりと感動をお客様に与える事が出来て、感無量です☆

 

この冬、福岡県大牟田市では初となる! いえ日本では初となるバイオマス蓄熱暖房「千代220」の特別な炎の芸術が誕生・・・

 

究極の炎の芸術と異次元の暖かさが遂に完成しました !!

 

誰にでも出来る簡単な事だったら意味がない・・・

 

特別な事が出来る貴方だから、貴方である意味がある^^

 

大牟田市のN様ご夫婦と猫ちゃん達^^ ようこそ、暖家屋のあったかワールドへ☆

 

今回も私は全身全霊で工事に挑み、空っぽになってしまいました(汗)


2016年12月14日福岡県八女市でバイオマス蓄熱暖房工事完了

福岡県八女市で暖家屋の新世代薪暖炉暖房、バイオマス蓄熱暖房の設置工事が完了 !!

 

2016年冬いよいよ本格的な冬を迎えての待望の火入れ式を行いました^^

 

今回はユーザー様参加の設置工事となり!

 

長期戦となった工事ですが!!

 

内部造作も暖家屋のエッセンスを注入し、心トキメク素敵な仕上がりになっています^^

 

もう、これ以上のものは無い、一生の思い出に残る、時代を超えて受け継がれる作品を残せたと私自身思える仕上がりとなりました

 

私を本気にさせ動かした !! 福岡県八女市に在住のオーナーさんH様ご夫婦の情熱と思いをここに讃えたい⭐︎

 

もう〜私は空っぽです(汗)